個人情報保護方針 サイトマップ


≪GM≫ ●マネージャの管理、人員計画に応じた仕事量の調整確保及び、
50人以上の規模のプロジェクト管理ができる
●会社方針に沿った折衝を行い、利益率の高いプロジェクトの予算折衝を行う
●予算、実績管理を行うことができる
≪EX≫ ●専門知識を持つ技術者と高レベルでの意見交換ができ、
尊敬される技能を身につけている
●専門知識を的確に組み合わせ、大規模システムにおける方式設計ができる
≪TM≫ ●今後の展開を考えたプロジェクトの工数見積り及び調整を行う
●大規模のプロジェクトの企画提案ができる
≪M≫ ●人員計画に応じた仕事量の調整確保及び、
50人以上の規模のプロジェクト管理ができる
●会社方針に沿った折衝を行い、利益率の高いプロジェクトの予算折衝を行う
●予算、実績管理を行うことができる
≪TL≫ ●情報処理試験専門職資格と同等の知識をもち、見識を働かせ、
相手を理解させる
●プロジェクトフェーズに応じた技術支援管理ができる
≪PL≫ ●10人以上のプロジェクト管理ができ、プロジェクトに応じた
成果物管理ができる
●プロジェクトの工数見積もり予算、および自己意図通りの折衝ができる
≪SL≫ ●詳細設計、基本設計が作成でき、設計書のノウハウなどを指導・伝授できる
●ユーザー仕様を詰め、3人以上のプロジェクト管理ができる
≪T2≫ ●詳細設計通りのPG検証ができ、詳細設計書が作成できるようになる
●プロジェクト開発手法を理解しており、基本設計の作成補助ができる
≪T1≫ ●ソフトウェア技術者見習のサポートができ、新しい業務知識、
技術について習得できる
●上司、顧客の意図を正確に理解し、適切な対応ができる
≪PG見習≫ ●詳細設計書が読め、詳細設計書に則してPGが書けるようになる
●適切な報告・連絡・相談ができる

↑PAGETOP